くらし Feed

2015年1月12日 (月)

そして半年近く・・・

大変ご無沙汰で恐縮です。この年末年始にようやくPCのリフレッシュなど行い、何とか(最低限)書き込める環境に戻しました。このblogをお待ちになっていた奇特な読者の皆様、お待たせしました。

さて、近況ですが、その前に昨年の状況を。

去年1年は、名古屋に異動で来て7年目に突入、仕事面で大きな変化のあった年でした。

1月から既担当に加え、新たなプロジェクトが発足し、丸々その部分の仕事を担うことに。それがあまりに今までの業務からかけ離れた内容で、当のプロジェクト本部も中身が分かっておらず、現場は手探りで仕事をする毎日。当然同じ事務所のメンバーは誰一人(上司すら)内容を知らない状況・・・。そんな毎日、平日の疲弊を理由に自転車に乗る時間をサボる等、精神的に挫けたり、無理に奮い起こしたりと、不安定な日々でした。

それから丸1年経った現在、混沌としたプロジェクト立ち上げから、ようやくルーチン部分の分掌もできるようになり、少し自分の負荷が軽くなったところ。但し作業物量が減った訳ではないので、会社の休日を割いて出勤、仕事をするというスタイルは変わらず。まぁ、ここは先進の企業で社員に携帯端末を持たせ、結局休暇中も仕事させるのか、ウチみたいにやはり事務所でセコセコとPCに向かっているのか、の違いで、現在のリーマン事情の縮図は変わらんのですわ。

それでも自転車は諦められず、やっぱりMTBerは週末チャンスがあれば走りに行く、レースは続ける。そのライフスタイルは、今後も続いて行くでしょう。昨年の時間のやりくりの失敗を教訓に、今年は少しパターンを変えてでも「継続」したいです。

そして、ここ数年参加し続けてきたJシリーズ、その後継となるだろう、今年から立ち上げられたJCF公認のMTBシリーズ戦「Coupe du Japon MTB」にチャレンジして行くことを決めました(内容は別記事で)。

あと、本blogはどういう方向にしようか思案中です。週末の練習なんぞ、軽いトピックは昨年来からFBで報告してます。そこで長文になって読みにくそうな内容を語りたい時に、この場を借りようかと考えてます(レースレポートや大好きな機材ネタなど)。どちらかというと不定期、徒然な感じで=今回も気まぐれ?

まあ、またお暇な時に覗いてやってください。

2011年12月23日 (金)

においが強すぎ

全く自転車には関係ない。

昨日は大手のお得意先の忘年会に参加、そんなに飲んだわけじゃなく(当然酔っ払うわけにはいかない)「明日(=今日)は走るぞ」と決めて寝たのに・・・起きたらカラダのだるい事。気を遣ってたんやろな、自分なりに。

しかも一昨日前に食った冷凍食品のメンチカツのにおい、まだ消えとらんぞ。ちょっとエグイわ。だるいままだが、とにかく薬局行って消臭剤を。

Photo_2

(リセッシュ置き型。やっぱりCMみたいに顔があるほうがエエと思わん?)

その後は洗濯、掃除、そして撮影と、窓開けっ放しでやってる。寒い。

撮影・・・いや、以前からの約束であるフォーク(サス)のお話のために下準備を、ね。

さて、原稿も上がったこっちゃし、連続してエントリー、upするからよろしく。

2011年12月13日 (火)

繋がりました。

新居回線OKです。部屋もおおよそ片付いたし。自転車の寝床は隅っこ。

Photo

(KWとアウトオブサービスなSJとチューブレスホイール群)

仮置き、のつもりだが、多分このまま定位置で、ダンボールも外せないな。1年経っても“まんま”な気がする。前は玄関手前の通路に置いてあって、すぐに出られたが、ここは一番奥座敷。前より狭くなった廊下をハンドルを切りながら出て行かなくてはならない。と言っても、前の所は逆に人間がカラダを横にして、腹へっこめて通る必要があった(すぐに玄関に出れない)し。なかなか自転車用に部屋って作られていないもんやね。=ワンルームやし当然か。

部屋内の行き来にイマイチ無駄な動きが多いですが、ぼちぼち馴れますわ。

2011年12月11日 (日)

引越ました。

…って書くとblogの、と思われがちだが、リアル世界の、です。あ、名古屋の家ね。

急な話で、特にここ1週間仕事帰ってから荷造りとかでバタバタだったが、昨日移動完了。まだ部屋の中は整理ついてないけどね。

今まで住んでた家が老朽化(木造で築25年超。入った時にすでに22年経ってたかな)で、大家さん「もう改修とかしません」状態で、ワンルーム賃貸そのものを止められるとの事。仲介会社からうちの会社に「他の部屋へ移り住んでください」の通知が来て、11月末に候補地の内見に回り、今月中に引越と、落ち着かんかったですわ。

言うても今までの家から徒歩10分位の場所。通勤や日用品の買い物場所が変わることはない。行きつけのコンビニは変わるな。さすがに新しい家(部屋)は鉄筋の築3年、一気に昭和から平成になった感じ。その分家賃以外のランニングが微妙に上がる(泣)

ちなみにまだインターネット回線は未通。来週半ばになるそうな。だからこの記事は“とある所”からup。今週末がノーMTBの報告しとかんと、と思って。…今日?昼間はシゴトで、終わったら片付けの続きだよ。ええ天気やし残念だぁ。

2011年10月25日 (火)

新調しました

エコバッグです。

Photo

頂き物ですが。早速お買い物に活躍。2Lのペットボトルが余裕で入ります。

この日曜はノーMTB(Yes法事)だったんでネタありませんよ。あしからず。

2011年8月23日 (火)

恐怖からの脱却のはずが

いや、自転車の話ではない。

富士見までギリギリまで我慢(放置)していた『歯の治療』、今日を持って終了!のはずだったが・・・

会社の2年前の定期検診(健康診断)時に指摘されていた虫歯を放っておいたら、穴が開いた。痛みも無いのでずーと気にしてなかったが、さすがに何かとモノが詰ったりするので、6月末から会社の近所の歯医者さんに通いだした。そこでの見立ては、「多分、神経ギリギリまで行ってますね。チェック後、必要あれば神経を抜かなければなりません」との事。

2回=2週間ほど通って、果たしてその手術?がやっぱり必要となり、歯を削る→麻酔→神経を抜く(掻き出す)→抜いた部分の型を取る→金属を埋める→歯の型をとる→金属の歯を被せる。このプロセスで約2ヶ月。今日無事に金属の歯が入ったわけだ。

ここまでかかった費用は・・・定価でIRCのチューブレスタイヤ2本、とか、もう1回通えば今履いているSIDIのシューズ(レーシング:エントリーモデル)が買えるとか。「そんなもんだ」と貴殿は言うかもしれないが、私にとって死活問題。何故なら我が家には(もし、新婚のダンナがこれを見てたら(見てるハズ)今のうちに手を打つべし)『自分の身体の管理は自分持ち』という、私だけに課せられたルールがあるのだ。

つまり、自転車ですっころんでケガをしたら薬代や医者の費用は自分持ち、風邪をひいてかかった医療費も自分持ち。花粉症対策も自分持ち。歯が悪くなったのはケアしなかった自分のせいなので自分持ち。そう、私の医療費は生活費からの捻出なのだ。だからMTBに乗っても、そうそうコケたりしてはいけないのだ。

昼飯でハンバーグ定食食べたくても吉牛。喉が渇いて茶が欲しけりゃコンビニブランドの100円以下のを探す。地味な節約で凌いできたのである。

その生活もやっと今日までだ!と晴れ晴れした気持ちで治療を受け、帰り際に「先生、ありがとうございました」と言うと、「じゃあ次回は・・・」とカレンダーを見る先生。「?」「次はこの歯を削ります」・・・「えっ?!『聞いちゃいねーーよーー!』・・・「頑張りましょうね」・・・って頑張るのは先生あなたで、私は支払いをがんばるんですよね

あと7回くらいだって・・・2ヶ月じゃん・・・シーズン終わるまでやないの・・・。

2011年8月17日 (水)

お盆休み

大体のところ、所帯持ちのお盆休みの過ごし方の大半は「実家巡り」だ。ご多分にもれず、私もそのクチだった。幸い、私の実家も嫁の実家も、自宅からそう遠くは無いので、高速を何百kmも移動される方々のご苦労に比べれば大したことは無い。

最終日の8月16日は、京都人たる者、お精霊さん(“おしょうらいさん”と読む)をお送りする「五山の送り火」を見届けることは、欠かすことのできない年中行事である。

Photo

(ケータイで撮ったら殆どわからん。真ん中辺りの点々が大文字)

幼少期より当たり前のように毎年見届けてきた私は、この日だけはこの場所(京都)に居ないと落ち着かない。大学の頃、遊び呆けていた時代でもこれだけは外さなかった。

今年は何かと物議を醸し出していたが、結果として関係者のご尽力で何かしらの形になったので、直接たずさわっていない我々がとやかく言うことはできないと思う。私はただひたすらに自分の先祖や近しかった方々がお帰りになるのを見届ける気持ちで眺めていたいだけだ。

で、この後すぐに名古屋に向かったのは言うまでもない。まぁ、お盆休みは何をするという事もなく過ぎて行くもんだわ・・・

2011年8月15日 (月)

平和な「アウトドア」

夏季休暇(盆休み)中です。ま、コネタを少々。

12日仕事を終え、すっかり夜になって京都に移動(めっちゃ混んどった)、翌朝は近所の連中(子供の同級生とその家族ら)とBBQなるものに出発。何年ぶりだ?

到着したのは、以前何回か訪れたことがある朽木村(滋賀県)のキャンプ場のひとつ=名前を知らないが多分メジャー、へ。9時半頃にゲートインしたが、既に車や人がいっぱい。当然キャンプ場なので無数のテントが張られている。入り口からだいぶ奥まったところまで追いやられたが、何とか駐車スペースとテーブルスペース確保。

Photo

(写ってないが、右奥はテントと4駆系の車でいっぱい。背中側もびっしり車。左は安曇川)

ささっとテーブルやイスやパラソルや用意し、落ち着いたところでこいつに手が伸びる

Photo_2

(ノンアルコールだ、当然。美味くないが、甘ったるい“第3の”よりこっちがいい→いや、本物がいいに決まってますが)

暫くパラソルの陰のチェアーで落ち着いてみる。この瞬間が「平和な『アウトドア』」を感じる瞬間だ。MTBも大枠で“自然を満喫”のアウトドアスポーツだが、どうも競技志向が強い周りの方々のせい?で、自転車に跨ぐと「のんびりする感」が無い。しんどいし。・・・いやいや、嫌だ、と言ってるのではない。既にMTBは私の中ではアウトドアツールとしての位置づけではない、ということだ。

昔はこんなBBQはかったるい感じがしたもんだが、今はこのだらーっとした雰囲気も悪くないと思っている。生活上のオンもオフも、時間軸中心で回る中にどっぷりハマッているから、たまにはエエよね、ってことだ。

しかし、そんな時空間もそう長くは続かない。川に遊びに行ってた子供らが「腹減った」と言い出すと、“仕事”が始まる。そう、焼き担当になるからだ。炭を熾(おこ)し、網を熱し、加減を見ながら食材をケアする。大体こういうのは旦那衆の担当だ。嫁らは前日仕込みして、当日はのんびり動かないのが世の常。そんなバランスで平和なんだから、それで良し。

Photo_4

(私の担当、肉以外=この左手でもう一人のオヤジが肉を焼いている。今回人気だったエビはすぐに催促がくる。まだ置いたばっかりだよっ)

ノンアルコールを離さず、効率よく提供していく。そのエビが無くなったころ、第一弾終了。子供らは再び川へ、大人はだべっているか、チェアーで寝てるか=私。まだ昼になるかならんか、だ。

どれくらい経ったか、子供らの遊びも川に浸かる→浮き輪で流されるになった頃、私は放りだされた採集網をを借りて川に向かう。

川で魚の陰が見えたら黙ってられない。安曇川はアユが有名なので、我々が居るエリアより川上には鮎師が沢山見える。そんなのはとれないが、目の前には何かしらの魚が泳いでいる以上、元釣師として確認、捕獲の使命を強く感じざるを得ない~要は捕まえたいだけだが。

何度も川べりを移動し、網の上げやすい位置や、魚の群れの動きを観察する。残念ながら水に浸かる装備が無く、岸から狙うしかない。何度も網を沈め、反し、また沈め・・・ようやく1発目、3~4cmの小魚Get。群れて泳いでいたのはアブラムツ(アブラハヤ)だった。10cm超のも時々現れるが、多分それだろう。次に見つけたのはゴリ(ヨシノボリ)だったが、意外と地形が悪く、網が入らないので断念。と、少し前に沈めておいたペットボトルの仕掛けに飛び込んできたサワガニGet!いい感じだ。

そして、もうひとつ気になっていたサカナ、20分ほど粘ってようやく網に入ったのがコレ。

Photo_5

(小さいがシマドジョウ。当然澄んだ水域にしか居ない)

目視できた個体は以上だったので作戦終了、川より撤収。あとは子供らが飽きるまで川で遊んでいる間、さっきの飲んだりポテチ食ったり・・・怠惰な時間を過ごし、日が傾き出すまでその場に居座った。

その後片付け、流れ解散。帰りは案の定、渋滞にハマったが想定内。が、帰ってシャワー浴びて「いでーっ!」日焼け止めを肩や腕に塗っていたが、腹周りには塗ってなかった。それも脇腹の“ぽっこり”な所が一番赤い・・・またeYAMADAさんに「(飼い犬さん)、横に“はみ出てる”!」って言われるやん・・・想定外に横に展開してたのね・・・