« 2015 CJ-U インターナショナル びわこ高島ステージ(朽木) | メイン | 身の程を知れ・・・CJ-1 富士見を終えて »

2015年5月25日 (月)

大径化は悪か。

昨年、我々26in乗りは、いつも大径車乗りに煽られ、抜かれ、ぶっちぎられ…辛酸をなめ続けてきた。私がパワーやテクニック共に他者より秀でていれば、そんなことを気にする事もないだろうが、同じクラス(ステージ)で走っている面々は、自分と殆どパフォーマンスが変わらないか、それ以上の選手ばかりだ。そんな彼らが29erや275を乗ればそのアドバンテージ分だけ成績に反映するのは自明の理。

ある意味本当に「懲りた」ので、今シーズンは無理をしてでも大径車を入手し、せめてライバルおじさんらと機材だけでも同じ立ち位置に居たい、と思い、昨シーズン終了から金策含め新車の検討を開始。

因みに勘違いしてもらっては困るのだが、今まで26inに乗っていたのは、29erや275が嫌いだから、新しいモノに対してアンチだから、ではない。ただ、その買い替え潮流に乗るタイミングを逸していただけのことだ。

ただ、26inに乗り続けた事、これは自分にとって大きな意味を持つ。

本格的にXCレースに参戦して丸4年、いろんな方から教えを請うて、この5年目でやっとこの競技、及びその練習にある程度耐えうる“身体”になってきた気がする(ここで痩せた肥えたは言わない)。既に半世紀生きたリアル中年な私、今更“成長”したわけではなく、なんとなく“順応”したという言葉がフィットする。そして今までの過程で一段一段、教えられたトレーニングをこなす中で、それまでの自分と比較する際に、26inという一元化した機材で変化を観察出来たことは、プラスな事だったと考える。

そんな中、自分が“完成した”と自惚れたのではなく、この年齢になって、あと何年競技続けられるんだ?とか、同等の機材を持ってしか、仲間同士で試合で絡む事や練習時遅れを取ること無く一緒に追い込める事が難しくなる…そんな焦りから29erまたは275にスイッチすることにした。

と言っても予算は少ない。店に相談し、ほぼ決め打ちで機種は決まった。「店の都合」「業者の都合」「懐の都合」でコレだ。

Img_2794 
Frame:LITEC QUE 17.5in
Fork:ROCKSHOX REBA RL(2015) 29 1.5T
Wheel:XT=WH-M785-29-F15/R
MainCompo:XT&SLX mix

「変わるなら劇的に」だ。コントロール性と、26inからの乗り換えで違和感が無いと言われた275は敢えてやめた。乗り物として“別物”な29erにした方が、それを乗りこなす事もテーマとして新鮮味があるだろうと。

LITEC QUEは発表が2012年。KWを乗り始めて半年位後にリリースされている。その時から基本スペック・ジオメトリは変わっていない。というかモデルチェンジしてない。自己基準的なスケールで言うと「第2世代」XC系29erだ。フレームも“超軽”ではなく、1.2kg程の重さ、至って「安全カーボン」。リアエンドも9mmQR。

Img_2795 
Img_2796 
Img_2798 
Img_2797 
新規パーツはRD、フォーク、ホイール&ローター、ハンドルバー。
移植パーツはクランク(但しチェーンホイールは26in時の40/28から38/26(中古)へ)&ペダル、サドル、グリップ、右(R)シフター、カセット&中古FD。
タイヤは今のところ前後ともIRC MYTHOSXC 29 TR。
フォークはあれほどFOX派(FOXフェチ)だった私が、何故にROCKSHOX?と突っ込まれそうだが、これこそ店や業者都合。ご存じの通りLITECはダートフリークさんのプライベートブランド、ROCKSHOX(SRAM)は同社が日本総輸入代理店。あ、別に安くなったとかベタなメリットは無い。…こんな理由も面白いが、本当の選択理由は「自分でメンテできるから」。もう現行のFOX、CTDダンパーに至ってはダンパーオイル交換すら出来る気がしない。

あと、これになったコストメリットが、元が「完成車」だということ。一部の方はご存じかも知れないが、(たぶん営業施策的に)一時的に出回った、メインコンポをM66x系のSLX、ローエンドのROCKSHOXフォーク、ローエンドのFULCRUMホイール&スチールビードのチューブドタイヤ、一部自社パーツで組まれたものだった。
その中でLITECステム+シートポスト(非売品)、M666ブレーキシステム、M66xの左(F)シフターをそのまま利用。これはその部分のパーツ代数万円が助かったという事。…それ以外はレースレディではないので取り外した。

店にはアッセンブル時にケーブル関連、ヘッドパーツ、チェーンを最適化してもらい、完成。およそ10.8kg前後だそうだ。今まで乗っていたKWとあまり変わらないか、チョイ重な感じ。

KWと比較して、はっきり言って見た目は全然、新鮮味は無い。本体カラーはカーボンメッシュ生地(デザイン)ベースに白ロゴ、ホイールも黒系。違うのはKWがフォークの色が白、QUEが黒という位。

パーツグレードは総じて見ればグレードダウン。仕方がない、実用重視。そりゃXTRがええのは分かるが、今の自分がハンドリングできるお金で、さらにクラッシュリプレイスメントを考えるとこの辺りが妥当。

2月から乗り始めて約4か月、実際、乗って直ぐは戸惑った。ここに来て、試合で実戦を踏み、先人の教えと自己分析を経て、ようやくこの自転車がコントロール下に入ってきた。漕ぎに関しては、ペダリングポジションを今までのに合わせてあるので、大きな違和感も無いが、やはりコーナーリングが問題で、自分のフォーム含め姿勢制御、合わせてセッティングは、今まで以上に“意識”が必要だというのを感じている。

練習では、それなりの“時短”効果が出ているが、先の高島戦ではそれを発揮できず・・・今後に期待?(できるのか?)

そうそう。インプレ・メカフェチ風は今後追々に。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/547808/33415415

大径化は悪か。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿