« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

セルフかかみ野

この週末は、王滝、八幡浜とMTBビッグタイトルが重なる日曜だったが、私は大人しくお留守番。

土曜が急遽仕事になり、「乗った」のは日曜だけ。次週に向けて前週の反復練習と考え、かかみ野へ。

しかし当日は暑かった。往きで既にバテ気味、現地着いてもやる気が出ない。とにかく1周して考えようと緩めで回る。やはり暑いから、土曜の仕事疲れも残っているので「もうええか」的に。でもやっぱり「やっとかなアカン」気もするし…。

ま、30分なら持つかな、と気を入れ直して走り出す。但しとてつも無く怠い。1周、運転も危なっかしいまま、スタート地点に戻って来るとやたら人が多い。何気にやめられない雰囲気(勝手にコチラが解釈してる)で、流れままに2周目に。心臓がちょっと目を覚ましたか、幾分「通常運行」に入り、続けて3周目。ピークにさしかかった途端、ヘルメットのスウェットパッドからオーバーフローした汗が滴り落ち、一気に視界を奪われテンション下がる。

結果その周回で終わり、ちょうど昼時になったので退散。

何かもうひとつな練習だった。

2014年5月18日 (日)

かかみ野大参集

1週間働いての週末、どうも金曜夜位からどっと疲れが出て、土曜に引き摺ってしまう今日この頃。先週に続けて今週も土曜は何もせずひたすら寝ていた。

さて日曜。予ねてよりしんちゃんよりお誘いあったかかみ野練へ。週末の参加宣言が一気に増えたなと思いきや、何と18名も集まった。Jではエリート筆頭にエキパも、王滝トップランカーやブルベや耐久系など、愛知県でおよそMTBレースをガチで取り組んでいる面々、その半分は来てるんじゃないか?

そんな面子で「強」強度な練習となれば、そりゃヤバイ。1時間しっかり、と言うメニューでドドドっとスタート。

エリート&エキパトップ集団が一気に駆け上がる。その後ろをひょこひょこ付いて行く私。やがて後方からグイグイ抜いて行くライダーが数人。…規定コースを1周もすれば(私はショートカット使ったが)だいたい定位置に落ち着く。

まっちゃんとoh!ハシ君とでずっとパック状態。やがてMasさんが刺さって来て自分は置いて行かれる=どっかの高島戦で見た光景ままだゾ。

朝が寒くちょっと暖かめのアンダー着ていたので、発汗が多いのか、直ぐに喉が渇き結局1時間の間に軽く1本飲んでしまい、最終周回入る前に止まってボトル交換する程。結果1+5周で終え、最終周回以外は全てショートカット。

少しの休憩を挟み、残りメニューのダメ押し30分走。もう一度テンション上げて、今度はフルコース側と決めて3周。残り1周では下りコントロールも怪しく、こじってペダル外れた瞬間、即攣るという状態でフィニッシュ。ここでも脚が良く回っていたまっちゃんに終始抑えられている構図。

もう帰りはヘロヘロ、途中ryu君が「ラーメン食べましょう」と誘ってくれたので寄り道。店を出たら更に重い脚と胃。ふにゃふにゃで家に着いた。

走行距離:93km

走行時間:5時間

上昇:1,170m

激しい運動後のラーメンは喉焼けるで。

2014年5月11日 (日)

登ろう。

先日の高島戦で全くの貧脚を晒し、自分でも如何に登る力が退化してるかを痛感したので、とにかく坂を登る練習をする事にした。

GW最後の日は小手調べに1練登坂、これも大概アカン状態だったが、今日はどこまで行けるかわからんなりに、思いつく登坂コースを辿ってみた。

まずAVR3。カツラさん指導のオンロード登坂だが、数回時計を取っているので、今日の状態把握にいいかなと。家から40分超、単純なルートで麓まで。途中流しのロードにせっつかれながらも、余り無理せず。

早速登坂開始。スタート直後の歯のかけ具合や回転を感じる限りでは『行ける?」と思ったが、15分も経たないうちに1枚、また1枚と…。心拍は余裕でFTP超でずっと経過し、時計を止める点でやれやれ、見ると冬の重装備時と殆ど変わらない数字。今の方が軽装だから実質ダウンである。

ピーク迄上がり、直ぐに折り返して1練ライン合流点に向かう。ここはそれなりで。下りはなるべくリズム良く。昨日リアのブレーキパッド替えたので充分に焼きを入れる。

麓からまた1練方向、お寺さんを横目にオンロード峠をそのまま越えて山向こうの集落へ。そこのコンビニで1回目の休憩と補給。周りはロードと単車だらけ。

パンと水分補給し、もう少し標高を下げ、神社からオンロード登坂。ここも時計勝負でマジで行くが、やっぱり後半失速する。ピークでの時間はここも冬場と同じ。進歩が見られない。

元の道を戻り、俯瞰のいい所で写真を撮り、またチョイ登り後、下り途中から裏モコ。このステージでしっかり追い込もうとするも、今日は特にジムニーが多く、GCでとあるグループが完全スタック、道を塞いでいるので、我々自転車も単車も通行困難。仕方なくそれより下の部分を1往復だけ(車両が多くガチで走れない)。

麓のコンビニで第2休憩。気温が上がり、さすがに水分の減りが早い。さてここから、だが、そのまま河川沿いで家に戻っても坂は無い。じゃあ、と言う事で一応店に向かうのを理由付けで北上し、何箇所かの峠を強制で通過することにする。

感覚的にはお寺に戻る〜1練帰路的な流れで、結果渓谷風河川に出る迄のアップダウンをトレース。もう殆ど踏む力など無く、惰性で上がって行くだけ。

ようやく峠を越え、店に着いて暫し高島の報告してるとお客さんが増えたので退散。そこからは何時もの帰り道をトボトボと。

走行距離:109km

走行時間:5時間40分

上昇:2140m

まるで王滝練?いやいや、彼等はもっと過酷に練習してるわ。それより私はもっと高負荷域に耐えられないと…。

2014年5月 6日 (火)

2014 J1高島朽木 結果(簡易版)

結果:84位/94名出走。

スタートループ1周+正規4周回のところ、-2laps。

初めての固定BIB。そして今回も最後列からスタート。すぐ横に某サポートライダーが居た訳だが、走り出すといつの間にかスルスルと行ってしまい、1周目から独走状態で優勝。想像してたとは言え、やはり格が違う。

自分は『とにかく前半から』と意識してたので、スタートループから踏んで行ったものの、正規周回1周は我慢できた(つもり)がどんどん抜かれ、その次=正規2周目で早くも脚がどーんと重くなってほぼ位置固定。そのサポートライダーに九十九折で追いつかれ、80%小屋?手前で一人に刺されて(降ろされるの解ってたのにその地点を勘違いしてた)終了。

まあ、今の自分はこんなもん。今年入ってからの、あの練習量程度で結果が出るとは思えない。わーっとなってるから身体の動かし方も雑だったし。もっと高負荷域、登坂もしとかなあかんし。

2戦出て2点。もう崖っぷち。