« 7日に1回。 | メイン | 1が変わっとった。 »

2014年3月16日 (日)

再構築、の準備。

「今日は会社に行かんゾ」と、昨日中に処理できる分は終わらせ、現場をお任せしていた職人さんから朝に完了報告を受け、ようやくフリーな日曜を過ごせる状態が整った。

10時に家を出て、さて、どうする。土の上を走りたいのはヤマヤマ、でも今の体力って全くレースレディではない。ずっと脚を回す事が出来てないので、ここは例のhama/eやま道場で再度やり直しだな、と考え、自転車を北に向かわせる。

1週間、脚の回転運動してないので、当然踏めない。30分以上は1枚軽めで回して行かないと進まない。推定、8着の通常時より5分以上遅いペースで基点へ。

140316
池は風も弱く、沢山のワカサギ釣り、加えてバスのボートが出ていた。

さて、ここからはきっちりメニューをこなす気持ちに切り替え、時計を見てスタート。前にeやまさんが指標値を出していたので、それを目標に走る。幸い、今日は暖かく、叩きつけられるような風も無く、加えてシューズカバーも外し、薄手のタイツ、ときてるから時間の短縮は間違いない、ハズ。

上下とも弱勾配なここは、とにかく脚を止めないこと。登りは座して回せる負荷まで、下りもテンポ走レベルで。今の自分を考え、2周回キッチリ、とする。

1周目は信号調整で弱登坂部と下りで2回減速、2周目は同じ信号にきっちり2回捕まったので、脚を止めずに少し折り返したりして・・・結果1周目が指標1分落ち、2周目は2分落ちだったhamaさんやeやまさんが悪条件の中で自分より短時間で走りきる・・・やはり実力差は否めない。

案の定2周目の最後の登りで踏めなくなり、一旦売り切れ。基点に戻ったらすぐに踵(きびす)を返し、元来た道を下ってコンビニまで。ここで12時半。

さて、握り飯3個を補給し、どうする?疲れたし帰るか、土を見て帰るか。

折角なのでもう一度登坂し、8に向かう。ただでさえ絶対的練習量が足りていない自分、使い切る為にももう一度山を走る必要があるのでは・・・と。

そんな気持ちで臨むも、身体は正直で、1発目のセコム登坂ですら怪しい感じ、中間地点の尾根へのオンロード登坂で全く踏めなくなり、ガクンとペースダウン。もう蚊が(まだ居ないが)止まりそうな勢い。いっそホンマに止まってやろうか、と思ったが、そのままST~キャンプ場、畑から(STオミットして)アップダウンのジープ、そして赤橋、やがて1周回。「あかん、通常時より7分遅い」・・・

_140316 
久しぶりにしゃべる自販機で炭酸を買い、藤棚でどっかと腰を下ろし休憩。しかし少し空が怪しく、ポツリと来たので退散。

帰りはまた歯を落として負荷かけずに移動。それでもハムが攣りそうになってる・・・あかんやん。

走行距離:104km

走行時間:4時間41分

上昇:1050m

帰ったら鼻水止まらん、超涙目。来たね、花粉シーズン。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/547808/32145549

再構築、の準備。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿