« 再構築、の準備。 | メイン | 3月の集計。 »

2014年3月23日 (日)

1が変わっとった。

3連休、シゴトの人も多かったようだが、こちらも“当然”の如く出勤。未だに午前様シリーズが続く中、そのまま休み無く。こういうパターンってここ数年経験してなかったからどんどん疲労、いや疲弊していく一方。

今朝の練習のお誘いも、自分として「気持ちを切らしちゃいかん」と受けたつもりが、身体はついて来ず。目覚まし鳴るもスルーで集合時間辺りで目を覚ましDNS。hamaさん、申し訳ないであります。

結局昼前まで寝続け、起き上がるも非常にだるい。仕方なしに買出し等家の用事を済ませ、昼飯食ってから自転車に跨った。出走13時半。

追い込める程気力体力無し。練習、というよりとにかく自転車を走らせ、脚を回す事を第一目的とし、負荷や時間を考えない。あとはインスピレーションで気になった方向に向かうだけ。だから最近行ってない1へ。

ここんとこは走り出して30分は手足に血が行ってない感じで、そこで力を入れてもしんどいだけで、身体が目覚めてくれるのをじっと待つ。ちょうど歩道リエゾン区間がそれに当るので無理せず。

オンロード頑張る区間も、時計縮めてやろうという野心は無く、淡々と。但しお寺さんで休憩したらオフロードに入る迷いが出そうなのでそのまま通過、峠手前から土に入る。

そこから30分、ひたすら登りだが、こんな勾配やったっけ?な程、インナー使って登る坂を走っていない。自転車の傾きが“オフロードらしい”んだが、いかに土の坂を登ってないか、が分かる。そういえばここの路面が凍る季節は一回も来てなかったな。

ピークから「日だまり」へ

_140323 
まだここの杉は本気ではない。

あとは下るだけ、だが、路面は以前にも増してダンプの踏み跡が強く、部分的にヌタヌタになった区間も。一瞬でタイヤが団子になる。基本砂地ベースなので、今までこのルートでそんな汚れ方したこと無い。どっかから土を持って来たな?

ジープを抜け、STの一部を崩された区間を抜け、さて・・・という所で驚愕な光景。なんとSTに車幅いっぱいで轍が出来ているではないか!つまりSTの“壁”を削ってしまうほどギリで車=多分小型のダンプが通ったのだろう。

そのためか、水の侵食でうねるような起伏があったところは均(なら)され、所々にあった岩も無い。ひたすら2本の溝が続いている。「あそこは通れない筈」と思った崩落部分もご丁寧に土を入れて・・・様相がすっかり変わってDT状態。

そして最後は景勝地に着く訳だが、そのスポットにも土を流し込む程、道を削る始末。何のためここを通るのか。

ちょっと前にウワサに聞いていたが、こんなだとは・・・面白みが無くなったのもそうだが、上下動が少ない分、やたらと速度が乗るので危ない。元々ブラインド(コーナー)が多いし、人も上がってる場所なのに。

残念感満載で来た道を戻る。強い花粉交じりの向かい風で鼻水出っ放し。17時に家に戻れたが、やはり日は長くなっている。

走行距離:58km

走行時間:2時間54分

上昇:845m

とてもレースに出られる状態ではない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/547808/32164117

1が変わっとった。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿