« リハビリ・オンロード | メイン | リハビリ・オンロードその2 »

2013年8月 4日 (日)

SUGOi ARM COOLER

久しぶりにモノネタを。

要は昨今着用者が増えてきた夏用アームカバー。アイテムが世に出て結構経つが、私のような昔人間は『男子たるもの、黒く日焼けしてこそ』な時代に育った為、どうも“日焼け防止”なる小道具を使うのに抵抗があった。

加えて使用者から『暑い』だの『じゃま』だの聞くと、そんなモンに5,000円近くも出せるかと、余計に拒否していた。

しかし、残念ながら皮膚が弱く“なった”し、更にウルシに毎年やられる自分が居て、何かしら対策を、と思っていた。当初油=スポーツ用クリームで防御していたものの、暑くなるとそれも流れて、そのウルシの洗礼を受け、先般のような酷い状態に。

そこからもう服でカバーしなきゃ、って事で、長袖を買うかこのアームカバーか、という選択に。そうするとお金の問題からも、アームカバーとなる。

Photo_2

で、コイツ。実はこの写真は「2枚目」、そう、洗い替えの為もうひとつ買ったのだ。手放せなくなった、とでも言うのか。

何せ“安い”。定価2,100円(税込)。他社は5,000円くらいするが、これがアームカバーとして最も実勢価格な感じ。因みにこの手は調べるとゴルフ用などが非常に種類も柄も多く、価格帯がこれぐらい。かのCW-Xも同じ値段。だから自転車ブランドに拘る必要はないかもしれない。

2

装着感は普通にぴったり。私のような175cm痩せ型(一般論で、だ。自転車乗りでは太いほう)でMサイズ。SUGOiは4サイズ展開している(基本ユニセックス)。

機能的には、これまた「暑くない」。「icefil」というヒンヤリ加工をしているようだが、買ったすぐのときは『そうかな?』と思ったが、数回洗うとその感覚もなくなってきた。ただ、直射日光に当っても「暑く感じない」のは優秀じゃない?

それより、自分が気に入った点は、ウルシを避けてくれている点もそうだが、翌日から身体のだるさが出ないことだ。気付かないうちに日焼けが身体を火照らせ(まあ、一種の火傷だからな)、それが体力を奪って翌日=平日に響くのだが、それが軽減された気がする。

『(日に)焼けた男はカッコイイ』のポリシーに反してしまうが、もう日焼けで皮膚めくってる場合じゃないし、昔より紫外線強くなってるし。これからは考え方を少し変えないとな。といいつつ、顔や首筋は対策してないアカン人だけど。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/547808/31763661

SUGOi ARM COOLERを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿