« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012年検証

大晦日なので反省など。

よくある「今年の目標」に対しての達成度合いの確認。年初に2つ挙げていた。

その1 「JシリーズXCO、今年こそ「エキスパート昇格」を実現。各試合での具体的順位では30位以内、参加人数比で最低でも上位1/3以内を目指す」

・・・もう書くことすら恥ずかしい。今シーズンもスポーツクラス50位台で目標未達。順位も30位内、上位1/3ってのは1試合しかない。後はおおよそ上位2/5~半分前後ばかり。コレでは昇格は叶わない。

シーズン前半に大きく体調を崩したこと。そして、それぞれの試合直前の準備段階で大きなミスを犯していたこと。これが全ての要因。特に後者は『単なるアップ不足』という、素人丸出しな部分をシーズン終了後に指摘され、振り返れば7戦中5戦がその状態で臨んでいたのが判った。本当に恥ずかしさ倍増である。

その2 「XC耐久レースでは『かかみ野MTBフェス』でソロ一桁または参加人数比上位1/6以内の着順を目指す」

・・・これは微妙。同イベントでソロクラスでのエントリーが間に合わず、奇策?で2人クラスにエントリー、パートナーのカツラさんの力のおかげでクラス4位を獲得(総合では10位)。ま、自力じゃないから評価できんな。

結局何も出来てない。

情けない。

でも、悲観していない。懲りてない。

たぶん、このまま来年もMTB乗り続けるでしょう。

・・・

皆さん、今年1年ありがとうございました。良いお年を。

2012年12月30日 (日)

今年ラストは1人で1練。

年末週はメニュー多めな仕事で結局平日乗らず。ある意味フレッシュな脚。先日のハンガーノックも避ける為、朝からしっかり食べて、今年最後の自転車遊びに望む。幸い、朝には雨も止んだので路面ウェットながら出発。

Photo

午後には帰省だから、スカッと走れる1練コース。雨後にも強いし。幸い、ここ最近に比較して気温も高いから厚手に着込む必要もない。

ただ、しっかり走っておきたいので強度は確保。L4レベルは意識して。リエゾンで身体をほぐし、頑張るオンロード区間で心拍計を睨みながら、珍しく「正しいペダリングフォームとは?」と自問しながら山に向かう。

お寺さんで一度リセットして、峠道で数台のローディとすれ違いながら、土の道に入る。一面の落ち葉はしっとりと濡れているが、登坂に際してスリップすることはない。オフロードは上半身でバランスをとるシーンが多いので、必然的に心拍はそれなりの高さを保っている。

オンロードとオフロード合わせて約50分、FTP前後で走った後はお待ちかねの下り。確認の為一度「ひだまり」ポイントで定点観測。ここまで道端の一部に雪が残っているが、路面凍結までは至っていない。

1219

あとはジープを下る。途中あのでっかい岩の横をさっと通過したが、「いや、ここはネタでしょう」と引き返し、写真に収める。

Photo_2

まだこのお仲間なサイズの岩が崖の上に鎮座しているので、実は危険極まりない。ビビリながら、忍び足でその場を去る。

あとはST突入。イノシシラッセルされた路面も水分が土に滲みて固くなっているので、乗っていくことが出来た。前輪をバンクに送り込み、グッと荷重がBB付近に乗り、それを抜重していく過程にプッシュを入れるとフロント浮き気味で加速する自転車・・・レスポンス良く走る26in一番の醍醐味、わかるかなぁ。

そんな心地よい瞬間も15分程度。一気に標高を下げ、麓へ。そのまま来た道を戻り、昼過ぎには家に帰着。楽しい瞬間は短いもんだ。さすがにハネで汚れた自転車を洗い、ウェアもすぐ洗濯。バタバタで帰省準備し、名古屋を後にした。

2012年12月24日 (月)

iPhone「同期」って

1週間経って分かったことがある。

iPhoneの写真、「同期」ができないんだ。~WinXP機と。

そもそも、このiPhone5に機種変更する前に、我がボス=iPhone4を使用中、に聞いた時「同期ならiCloud使えばエエやん」と軽く聞いていた(因みに直属の上司は私と同じく、一時期PC-クラサバ関連の販売をする部門に居たので、まんざらの素人ではない)

そんでもって安心してたのだが、色々調べると、

・WinXPにiCloudは対応せず

・winにインストール可な最新バージョンのiTunesを使うべし

・若しくはiCloud.com活用

と言うことらしい。このことをボスに言うと、「え、なに?まだXP機使ってんの?数年前に買った私でさえVista機なのに!」と驚かれてしまった。えーえー、私のは2004年製(だったんだ、調べてビックリ)の大画面モバイル・ビジネスPCですわ。

Pc

そんなでとにかく自力でこの問題解決へと。Web記事読みまくり、試してみた。

まず、iCloud、何とかWinXP(SP3)にインストールできないか?・・・無理。ハッキング要素の強いweb記事でインストール方法は書いてあった(やる場合自己責任で)ので、実際試してみた。が、iCloud起動時スケジューラ関連がMSのOfficeと紐付けされるようで、その際、Office2007以降のOutlookで無いと受け答えできない。結局自分のはOfficeXP(2003)なので固まってオシマイ。で、アンインストール。

じゃあiCloud.comは?・・・ブラウザベースなので問題ないだろう、とAppleIDでログイン。お、確かに同期してる・・・スケジューラ(カレンダー)とかは。「写真は?」と探すも、ボタン表示無いし、どっかでコンテキストメニューも出ない。更に調べると「写真=フォトストリームはiCloud未対応」って分かった。がっかり。

Airな同期を諦め、「ローカル接続で行くか」と今度はiTunesをインストール。果たして・・・

これは添付のlightningケーブルをPCのUSBに挿入し、USB機器としてPCに意識させてソフトウェア上で自動同期させる。確かに音楽やビデオなんか同期する(・・・ようだ。私のには1つも入っていないのでワカラン)。加えてiPhoneのシステム管理=iOSのバージョン管理やApp管理、その配置構成の変更など、有効なユーティリティは多い。事実インストール後すぐにiOSをVer.6.0.1から最新の6.0.2にアップデートした=有線LANによるDLとUSBローカル接続なのでWi-Fiよりよっぽど信頼性がある。

じゃあ、「写真は?」だが・・・確かにiTunes内にそのタブはある。しかし、[同期]ボタンを押せど押せど、指定のフォルダに写真は送られない。結局何度も繰り返し、記事やAppleサポートなど読み返していくうちにやっと理解できた。

「iPhone“に”PC内の指定フォルダにある写真“を”同期できます」だ。

つまり、PCからiPhoneへのワンウェイってこと。極端に言えば、PCにある写真をiPhoneで共有できます、って内容。だから私がやりたかった、iPhoneのカメラロールからPCへの流し込みは

「マイコンピュータ内のiPhoneのカメラを開いて、写真を選択してPCのフォルダにコピー」

何のこっちゃない『USB接続にて、iPhoneを外部ストレージで見立て、そのデータをコピペ』って。なんと稚拙な話。

結論。iPhoneとWinXP機の間で写真は「同期」しません。

残念。&面倒だな。いや、ひとえに古いPC使ってる私が悪いんすよ。すでに4世代前のOSになっちまったからな、WinXPは。思わず先日のApple Storeで見た、MacBook AirやMacBook Proが欲しくなるわ=この際、プライベートユースはMS系じゃなくてエエかも、と思わせる程あの店舗空間は洗脳されるわ。・・・あ、全く買うお金ないから。明日食う資金に困っているようなオジサンでは。

AVR3練だったが腹が減って・・・

今日は予(かね)てからの約束、カツラさんとサシ練。ツラーイツラーイ登坂練だ。

集合が割と近くなので、昨日みたいに“ライト装備”とならず、普通に、そしてバッグを背負うほどの持ち物も無しで軽装備で行く。当然ここまで寒いとフル防寒仕様ではあるが。

コンビニで落ち合い、そのまま1練方面の東に向かう。子供らもそこそこ大きくなったオッサン2人、家族からやいの言われること無く自由行動だ(私だけ?)

Photo

“登坂練習会場”までリエゾン、と言ってものっけからペース速い。昨日のかかみ野の疲労が抜けていない私はすぐ遅れをとる。と言っても彼も前日しっかり走っているのだが、ここが否めないポテンシャルの差。

30分走り、山への登坂口着。ここに来るまで、時々カチッと嵌ったようにポジションと勾配が一致して脚が回しやすい所に出会うのだが、坂がだんだん急になるとじわーっとハムが張ってくる。

そんな緩い坂が無いここからの登坂、暑くなるだろうからウィンドブレーカなど脱いで出発。「行きます」の掛け声で集中してペダルを踏む。

すっとカツラさんとは20~30m程差が開く。それでも背中が見えてるので行けるか?と勘違いしたが、ものの5分で身体がイヤイヤし始め、10分経たないうちに気持ちがイヤイヤになってきた。でも折角引っ張ってもらってるので、姿が見えないようになるのだけはアカンやろと自分に言い聞かせ、クランクを押し下げる。

しかし気持ちとは裏腹に身体は正直で、15分~20分くらいまではFTP付近を上下しつつ脚の張りを我慢していたが(この辺りで全く彼の後姿は見えてない)一旦少し下りに入り、再度踏みなおす辺りからそのレベルを維持できなくなった。

シフトを落とし、回転させてみるもどんどんペースダウン。30分越えると回すのが精一杯。『弱いなー』と思いながら、止める訳にもいかんので淡々と標高を稼ぐが、進んでる気がしない。

やがて心配したカツラさんが少し降りてきた。その時点で少し視野狭窄。「大丈夫?」と言われてハッと気付く。「あかん、ハンガーノックや」

その後連れ添って走ってもらうが、もう完全に視界が狭く、揺れる感じで、目からの情報が整理できない。淡々とペダリングして、とにかく後数分のピークまで自転車を押し上げないと、吹きっ晒しのこんな坂の途中で止まれば凍えてしまう。

フラフラでピークの平坦に入り、到着点で自転車を降り、もどかしくグローブや上着を開け、ようやく背中のポケットに忍ばせておいたカロリーメイト一袋を取り出す。持って来ておいて良かった。冷えたボトルの水をガーっと飲みながら、パサパサの食料を胃に入れる。昨日もそうだが、給料前の食費削減でケチってたのが裏目に出た。あかんよ、運動する人間は食わんと。

落ち着くと急に寒くなってきた。再度ウィンドブレーカやオーバーグローブを嵌め、すぐに元来た道を下る。そこでカツラさんぶっ飛ばして下っていく。こっちは身体が硬直しそうなくらい一気に冷却され、ガチガチになってるのにまだ速度上げるか?曰く「早くこの区間を終わらせたかった」と。

Photo_2

木々は氷結し、美しいのだが、いかんせん観賞しているだけ停止できない(この写真はウェアのファスナーが噛み込んで止む無く停車した際に)この後は再度登坂し、いつもの1練の下りセクション、ジープ~STへ。

ジープには屋外用のゴミカート(比喩が下手だな)程の大岩が落下してたり、STでは落とし穴か!と言わんばかりのイノシシラッセルがあったり(今の状態では路面が柔らか過ぎて走れない)、刺激が多かったが、心地よく走れた。

景勝地に下山、腹減った感が増し、「ほん最近(紅葉シーズン)まで“みたらし”や“おでん”(ビールも)売ってたのに・・・もう無しかよ!」と、シャッターの閉まった売店に悪態つきつつ、とにかく近くのコンビニまで引っ張ってください」とカツラさんに懇願。

Photo_3

2人肉まんを、加えて私はアンパンをホットティーと共に。こっち(東海)では肉まんにカラシ付かんのよね」と文化圏の違いな話をしつつ、暫し暖を取る。→知ってた?関西では肉まん買ったら小さな袋のカラシ添付は必須だが、こちらのコンビニでそれを言うと「?」と言う顔されるぞ(無いし)。名古屋に来る際、「どうしても」という御仁は常にチューブ入りのMYカラシを持参してくれ。

ちょっと腹が落ち着いた所で帰路へ。しかし、酷にもこの後2人は強烈に霰(あられ)に見舞われる。山より急に気温が下がったな、と思ったら、前見えないほど吹き付けて来た。雪じゃ無い分落下速度が速い霰、何気に優しくない。おい、Xmasだぞ。

どんどん西へ逃げ、ようやく日差しがある所まで来て振り返ると、東の山は重い雲で真っ黒。そりゃあかんわ。

その後小さな丘を越え、カツラさんとお別れ。あとはこのヘロヘロの身体を引き摺って家に帰った。いやー、50前にもなって何やってんだか。

2012年12月23日 (日)

勝手にフォトインプレッション~MAGURA TS8R 29 & FOX F29 100 CTD

勝手に紹介。因みに当該車両に自分自身乗ってないので、動作どうこうは語れない。あくまでフォトインプレッション。共に獲れたての2013モデル。

まずnabeさんの。

正式名称は FOX FLOAT 2013 32 F29 100 CTD-ADJ FIT 1.5T 15QR WHITE

FOX関連製品はディストリのWebや雑誌で良く出ているので細かい話は割愛。

1

車体装着時全体イメージ。フレームは言わずと知れたSP社SJ29 Carbon。サイズ17in。

1_2

フォーク部アップ。

Photo_12

ハブ周辺(ホイールはRoval Control ・・・EL?SL?どっちやったっけ?アルミリムの一番上位グレード)

そして今日のお題なhamaさんの。

正式名称は MAGURA TS8R 100 Black DLO2 15ThruAxle PM7 29 Tapered

こっちは情報少ない?ので各部を紹介。

2

車体装着時全体イメージ。フレームはAVEDIO RHEA Ti。サイズM?S?(聞いとらんかった)

2_2

フォーク部アップ。

2_3

ハブ周辺(ホイールはMAVIC CRO29MAX)

15qr

15QRは

15qr2

TORXで締める。そしてこのフォークのディスクローターサイズ指定は180mm。XCレーシングモデルとしては珍しい。

Photo_15

ブリッジはMAGURAのアイコン的なダブルクラウン。

Photo_16

ダンパー側は

Photo_17

リモートロックで制御される。

どや?29er乗りな面々?(特に京都方面)

北米系マシンならFOX(もしくはRockShox)、EU系マシンならMAGURA(とかDT)ってのがドレスコード的に合ってる気がするけど。(注:AVEDIOは国産ブランドです)

お後がよろしいようで。

10月以来のかかみ野。

あかん、乗らんと。昨晩PolarのOwnIndex計測してがっかり。スコアが落ちてる=VO2Maxが低下してるという事実。土の上もマトモに走っとらん。

運よく召集があったのでかかみ野まで。集合時間に間に合わそうとすると、6時半迄には出発しないと・・・外に出ると日が昇ってないので真っ暗。ライト装着で行かなくてはならない。

気温差も大きいだろうから、今日は余裕を持ってディパック装着。中に魔法瓶を忍ばせ、公園直近のコンビニで暖かい飲み物を入れる。

Photo_5

着いたら1番乗り。いつものように、ここの朝はキンと冷えてる(この前のレースの時もそうだった。10月なのに)。芝生一面には霜が。

Photo_6

間もなく、ちょい若手Oh!ハシ君、おっちゃん組nabeさん、そして本日の本命“スタンチョン”hamaさん、遅れてまっちゃん。話題はnabeさん、hamaさんの29erに装着されているフォークについて。→これは別記事にて。

じっとしてても寒い。5人ぞろぞろとコースイン。まーなんだ、hamaさんnabeさんはさすがCXにも出ているとあって元気。ちょい若2人も身体は我々より遥かに引き締まっているのでサクッと。私は・・・遅い。土の上&最近タイトコーナーな所を走ってない無いので身体反応せず。

あたふた数周回、一度コースから出る。補給と言うことでOh!ハシ君から差し入れ。マッキーが作ってくれたのかな?おおきに。

Photo_8

例の魔法瓶に詰めたカフェラテを喫しながら暖を取ってると、そこにSKBR君と後輩君が。何でも後輩君がMTB初めて買ったので連れてきたとのこと。ちょっと今日のWet&Mudコンディションは難しいかな?それよかエリート君が先導って、そっちがキツイか。

Photo_7

その後再度コースに入り、周回する。少し身体が温まって動くようになってきた。加えてサスのパラメータも変えてみたら反応が自分のリズムに合うようになってきてOK。だんだん乗れてきたか?

今日のメインはhamaさんのクロマグロのシェイクダウンでもあったので、時間もそこそこ。hamaさんとOh!ハシ君は10時半くらいに上がっていった。

居残り練習を余儀なくされた残り3人は、緩めに登り、ST攻略に精を出す。乗れてきたというものの、nabeさんには付いて行けず。そして疲れて、昼になって下山。コンビニに入ってイートインな空間で一服。

「根が生えん程度」にコンビニを後にし、帰宅方向へ。途中、ライン大橋から見た犬山城が印象的だったので「nabeさん止まって!」と橋の上からシャッターを切る。

Photo_9

その後nabeさん宅前で座談し、午後になって日が陰ると寒くなってきた。そこで失礼し、ゆるーく帰って来たら15時になっていた。

Photo_11 

「かかみ野ってこんな汚れるトコやったっけ?」と寒風が抜けるマンション前で1人洗車するのであった。

2012年12月21日 (金)

ケース買った。TridentCase「Aegis Case for iPhone5」

まだまだiPhoneネタで。

薄くて“しゅっ”としたiPhone5だが、この1週間、何度と無く手をすり抜けて落としそうになった。意外としっかり握れない&滑るのだ。

で、ケースを買おうとweb調べたり量販店の店頭見たり。お洒落なのはiPhoneそのもののデザインを生かすのが多いが、背側からカパっとはめるだけなので本当の「化粧カバー」。落とせば外れて飛んでいきそうな感じ。今までG-shock系のケータイ持っていた自分としては耐衝撃、防水、防塵など備えていて欲しいが、本気のはあまりに高い&デカイ。リーマンがスーツの内ポケットに入れるにゃ、ミリタリーテイストのものでは大袈裟過ぎる。

デザインの妥協点と先述の3要素を“緩く”満たす程度で、高価じゃないもの。結局タイトルのにたどり着いた。

Photo_6

パッケージはこんなで

Photo_7

取説含む中身(フィルム付き)。シリコン?の内張りとプラなハードシェルの組み合わせ。装着すると

Photo_8

こんなで

Photo_9

こんなだ。カメラ部とOne-Biteのアイコンが露出する(私は出荷時付いていたフィルムままにしておいたが)。因みに

Photo_10

厚みは約2倍、質量もup。ズッシリする。あの“しゅっ”と感は無い。耐衝撃を謳うがガラス面の保護は無いのでカドのあるものにぶつけるとOUT。それ以外はそこそこ(らしい)。水は防滴程度、防塵も街仕様ならこんなものかな。

ま、しっかり握れるようになったのが一番かな。

2012年12月19日 (水)

いきなりかよ!

iPhoneネタで。

早速アタフタしてすわ。操作が馴れんから余計に。

しかし、一番ビックリなのは・・・何と初期不良交換!まさかの・・・。

今日外回りから会社に戻って来て、何気にiPhoneを見てみると、やたらと電波状態が落ち着かない。電波状況表示が「検索中」「____KDDI LTE」「____KDDI」「圏外」と繰り返すのだ。時々会社貸与のケータイ(同じキャリア)もぶち切れする事務所内なので、それかな?と思ったが、あまりに繰り返すのでWEBで諸々検索。“圏外病”ってのもある(俗称で)らしいので、様々な手順を試してみた。

電源ON/OFF、SIMカード挿抜、機内モードON/OFF、ネットワークリセット・・・。全く症状が改善されず。仕方なくキャリアのサポートダイヤルに電話、訊いてみると

「SIMカードの交換をお近くの直営系ショップで要求してください」

とのこと。夕方、店舗が営業している時間帯ギリだったので、手近の車を借りてひとっ走り。店は空いていたのですぐ受付てもらい、SIMを交換したが、変化無し。

「apple storeに行って下さい」

んー。確かにiPhoneはキャリアの直営店では修理対応不可と聞いていたが、やはり不便だ。時計を睨みながら、一旦会社へ車を返しに戻り、そのまま「お先っ」と仕事を上がり、名古屋の中心街、栄へ。

向かったのはapple store 名古屋栄。2フロアあるapple直営店だ。

まー店舗も“しゅっ”としてるが、来ているお客もお洒落さんだ(・・・のように見えるだけか?)ただ1人、昭和のオジサンが面食らって佇んでいる訳にもいかず、1人のスタッフに問いかける。「(カクカクシカジカ)交換手続きをお願いしたい・・・」「かしこまりました。40分程お待ちいただくことになるのですが、宜しいでしょうか?」「ええ・・・」

平日の20時近くなのに人は多い。要は順番待ちってこと。その間、iPadMiniやMacBookやiPodなど、およそ私には縁の無いMac系の機器に触れる。Windows系のある意味無機質なインターフェイスと違い、細かな所がカワイイ(50前のオッサンが言うな、とか言わないの)。さすがお洒落さん向きのプロダクツ。

明らかに“浮いている”オジサン、50分近く店内で待機してようやく呼ばれる。対応してくれたのはこれまた爽やか青年。非常に丁寧に、且つ手際良く手続きをこなしてくれて、晴れて私のiPhoneは新品になった。確かに前のは、契約時の初回ブート時にアクチベーションエラーでなかなか最初のステップが進めなかったから、その時点で怪しかったのだが。

あとはイルミネーションが美しい栄の街をソソクサと通り過ぎて、家に帰着。

ただ、まだ自分がやりたい事の準備は終わっていない。すんなり行く感じじゃない。それらは別でお話するわ。

2012年12月17日 (月)

アンドモア!

やっちまった。

Iphone5

勢い余って機種変更。まー何事も奥手な私には珍しく?“今風”な物に手を染めた。→いや、充分に遅いかも知れんが。家内と子供は当の昔にスマホ化して、それぞれ2台目に変えてるくらい。

ウチはキャリアがauだが、スマホ系の現在の価格体系(価格設定)ではiPhoneが一番安いそうな。だからコレ=iPhone 5。容量も一番小さい16GB。音楽聴かない、映画見ない、オンラインゲームする気無い。

何で換えたん?だが、Facebook(これからアカウント登録)がストレス無く使いたいのと、オンラインストレージ(iCloud)に撮った写真を送り、今使ってるPC(このblog書いてるPCね)と同期させたい、それがメイン。あと電話・メール・WEBブラウジング以外は重要視しない。

まだ全然使い方ワカラン。ケースも買っとらん。昨日夜中にやっとこさアドレス帳の移行が出来ただけ。ま、幸い先人は周辺やWEB上にいっぱい。皆さん諸々教えてくださいな、ヨロシク。

しっかし、今までケータイ代が底値に近かったのが、月々一気にその倍を支払わないといけない。ホンマに自分にコレが必要だったか、今更反省中。切り詰めた生活が更に厳しく・・・。

懐かしいと思う人は

この週末は自宅でしたわ。

選挙を含む家の用事で、全く自転車には触れず・・・自分のは。代わりに、じゃ無いが、家内から言われていた彼女の自転車を整備。とり急ぎ出来るところだけ。

Photo

ここまで手を入れなかった私が悪かった。元のグリップはSP社のROCCA。街乗り用なので素手で握るもんだから、汗や雨でこんなになったのだろう。

Photo_2

少し前に買っておいたのを

Photo_3

インストール。いわゆるフォームタイプ(スポンジ)だ。コレのほうが素手に耐えられるか?と思って。ロックオンタイプを探していたら、SRAMのに当った。

その他は

V

Vブレーキのワイヤー(内外とも)と小物を交換。敢えて旧ラバーブーツを被せてみたり。

Photo_4

Wellgoのペダルシャフトにグリス入れたり。

M

まあまあキレイに。

コイツを見て「おー懐かしいKILLER V」と思った方、ある意味「よくご存知で」だが、実はKILLER Vではない。Cannondaleイチオシのメカニック君は分かったかな?

ついでに

Photo_5

これ知ってる?or持ってる?